一般社団法人岩手西北医師会

会員専用ページ
滝沢市
トップ滝沢市

滝沢市担当理事 髙橋 邦尚

市制施行後3年目を迎えて滝沢市地域医師会は、
 ①行政との連絡を密にする。
 ②各種がん検診を含む、健診事業の見直し。
 ③ワクチン事業の再検討。
 ④その他の地域医療事業のより具体的な実施。
以上を4本の柱とし、ここ数年のうちに実現させるべく鋭意努力をしています。
その目的は、滝沢市民の健康を守るという一点にあり、妥協することなく着実な実現を目指します。

滝沢市担当委員 栃内 秀彦

滝沢村は、平成26年1月1日をもって市制移行に向けた取り組みを実遂し、滝沢市誕生となりました。
今後は、地域の皆さんと行政が手を携え、市制行政に取り組むことで更なる意識高揚と機運醸成が図られるものと期待しています。
私共医師会も滝沢市民の皆様といっしょになって、疾病の予防と医療環境の改善に努力していきたいと思いますので、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。